ねこと、手をつなごう。

「ねこと人間のしあわせな共生」をさまざまな角度から考えて行くブログです。

【ペットの熱中症対策を万全に】猫も犬も熱中症になる!今すぐできる熱中症対策まとめ

 

からだの小さなペットたちは熱中症の危険にさらされています

毎日暑くて体力が奪われる酷暑。今年の夏は特に猛烈な暑さ...こんな最中、人間だけでなくペットの猫や犬たちの熱中症が心配です。人間にくらべ体の小さなペットたちは熱中症にもなりやすく、なってしまったら命の危険にも繋がりかねません。

猫ちゃんやワンちゃんを熱中症の危険にさらす前に、今すぐできる熱中症対策をしっかりととって、猛暑への備えを万全にしましょう!

f:id:pancia:20180719200302j:plain

f:id:pancia:20180719201855j:plainf:id:pancia:20180719201917j:plain

猫は皮膚に汗腺がないから汗をかいて体温調節することはできないにゃ。ペットの熱中症対策はとても重要なんにゃよ!

 

猫を熱中症にしないために我が家でとっている対策

・1日中エアコンをつけている

・数カ所に「ひえひえマット」を敷いている

・飲み水を複数箇所におき、1日に数回水を入れ替えている

・朝、最初のご飯をあげる際はカリカリフードの上に、ウェットフードをトッピングしている

 

・1日中エアコンをつけている

これは電気代が心配...という声が聞こえますが、我が家ではひと月5000円程度です。(エアコンは2014年製なので今日現在で4年弱くらい前のもの)エアコンをフル回転させるのは7-8月の約2ヶ月間くらいだし、何かあったら1回の動物病院の診察代くらいですぐ飛んでしまう額です。

特に日中、仕事などで留守にするご家庭は必ず、ペットのいる部屋にはエアコンをつけて出かけてください。帰宅したら死んでいた...ということは現実にある話です。

とはいえ寒すぎるのもよくないので、室温が26-28度程度に保たれているくらいでちょうどいいと思います。暑いと逃げ場がありませんが、寒い場合には他の部屋に移動したり、タオルや普段使っている布タイプのベッドを置いておいてあげることで、そこにもぐったりもできます。猫や犬がある程度自分の意思で「暑い・寒い」と感じたら移動して調節できるようにしておいてあげることが必要です。

f:id:pancia:20180719200345j:plain

毎日暑くて溶けそうにゃ...

 

・数カ所に「ひえひえマット」を敷いている

エアコンに加え「ひえひえマット」を床の数カ所に置いています。これはアルミの板タイプやジェルが入ったもの、布製のもの、大理石等素材は様々ですが、触れるとひんやりしていて、猫や犬が上に乗ることで涼をとることができるものです。

1000円前後から3000円程度でペットグッズのお店で売られています。我が家にはアルミボードとジェルタイプのもの、人間用のお下がりのものを部屋の様々な場所に置いています。これは前述のとおり、猫が「暑い・寒い」と感じた際、自分で移動して調節できるようにするためです。

素材によって猫も好みがあるようで、なかなか使ってくれない場合もあります。また警戒心の強い子は設置してもしばらくは近づかないこともあります。去年の夏買って全く使ってもらえなかったけど、今年もしつこく出したら使い出した...なんてこともあるので、その子の性格によっては気長に見てあげるといいと思います。

f:id:pancia:20180719202028j:plain

こんな風に猫は結構「玄関のたたき」で寝てしまうのですよね...たたきはひんやりして涼しいので仕方ないのですが、飼い主としてはできればご遠慮いただきたく...そこでひえひえマットです!

f:id:pancia:20180719200628j:plainf:id:pancia:20180719200647j:plain

毛むくじゃらなんだから暑いんにゃよ...涼しくしてね。

 

マルカン クールひんやりアルミボード S DP-802
 
ペティオ (Petio) クールアルミキャットボウル

ペティオ (Petio) クールアルミキャットボウル

 
ペティオ (Petio) クールアルミジェルマット 2L

ペティオ (Petio) クールアルミジェルマット 2L

 

 

・飲み水を複数箇所におき、1日に数回水を入れ替えている

猫は普段あまり水を飲まない生き物ですが、夏はやはり人間同様に飲水量が増えますし、またより多くの水分を必要とします。水を飲む量が足りないと脱水症状を起こしやすくなりますので、猫や犬がたくさん水分補給できるような工夫を人間がしてあげることも必要です。

例えば我が家では3ヶ所に分けている水の容器をそれぞれ1日数回取り替えています。留守がちでそんなにできないという方は、朝でかける前と帰宅時の最低2回は新鮮な水に変えてあげて欲しいと思います。また3ヶ所のうち1ヶ所には氷を1、2個浮かべてあげます。猫たちはこの氷に興味津々で、氷を入れるとみんなで見に来ます。すぐに飲む子もいれば観察しているだけの子、手をいれて水遊びし始める子といろいろですが、喜んでくれているのは確か。ただ、常温の水を好む子もいるので、試す際はいくつか水の容器を用意したうちの1つに氷を入れてあげましょう。

たまり水は埃やペットの毛が入ったり雑菌が繁殖したりしやすいので、特に夏場はできるだけ交換してあげて美味しい水をたくさん飲んでもらえるようにしましょう。

ウォーターファウンテンのように水が流れ続けるペット用水飲み機も販売されていますので、検討してみてもいいと思います。(ただし、水飲み容器の好みにも個体差があるので、その子によって使う使わないはあります)

f:id:pancia:20180719200755j:plainf:id:pancia:20180719200822j:plain

f:id:pancia:20180719200848j:plainf:id:pancia:20180719200914j:plain

これは何かにゃ?冷たくて気持ちいいいにゃ...

 

ジェックス ピュアクリスタル 軟水化フィルター 猫用 4個入

ジェックス ピュアクリスタル 軟水化フィルター 猫用 4個入

 

 

 

・朝、最初のご飯をあげる際はカリカリフードの上に、ウェットフードをトッピングしている

夏場のご飯はカリカリ!というお家の方が多いかもしれません。ウェットフードはニオイが出るし、残してしまうと腐りやすいのですぐ捨てねばならないからです。

ただ夏場はペットの食欲も落ちやすい。いつものカリカリだけだと規定の量を食べることができない子もいます。特にシニア猫や子猫はご飯の量が1日に必要な量に満たないと体力が落ちて痩せたり、病気にかかりやすくなってしまうので注意が必要です。

またウェットフードだと一緒に水分補給もできるところが良いのです。

そんな時は少量のウェットフードをカリカリの上にかけてあげると、食べてくれる子が多いです。あまりたくさんかけすぎると残したぶんは捨てなければならないので、そこはお家の子の食べ具合を見て判断することが必要です。我が家では大さじスプーン1から2杯くらいのウェットフードを、ドライフードにかけてあげています。

 

ウェットフードには「総合栄養食」と「副食(おやつ的なもの)」があります。

ドライフードメインで、食欲増進の味付けで使うなら副食でもいいと思いますが、ドライだと食べないからドライの代わりにということであれば「総合栄養食」でないと必要な栄養素を摂取することができません。お家の子はどちらのタイプか見てあげてください。副食タイプなら「ちゅーる」のような液状のものをかけてあげるのも、お手軽なので時間のない飼い主さんにはおすすめです。

f:id:pancia:20180719201022j:plainf:id:pancia:20180719201301j:plain

これは副食のウェットフード。本当に材料が鱈だけで、人間が食べても美味しそう。

f:id:pancia:20180719201429j:plainf:id:pancia:20180719201448j:plain

こちらの缶詰も副食。パウチだから缶だからという分類の仕方で分かれていないので、購入時に裏側の種別をよく見ましょう。

  

 

犬が火傷...夏場の犬の散歩はとっても危険!犬も猫も一番暑い時間帯の外出は避けて

猫と違って犬は夏場でも散歩しないわけにはいきませんよね。しかし真夏の日中の外気温は35度以上になることもあり、人間でも耐えられない暑さ。地表近くはもっと高温になりますし、焼けたアスファルトは50-60度にも達するのだとか。

人間より地面に近いところを歩かねばならないワンちゃんたちは40度以上の体感温度を感じており、アスファルトの上を素足で歩き火傷をおってしまいます。犬用のお散歩時に履かせる靴なども売っていますが、夏の日中は人も犬も避けるのが得策です。

 

午前中なら大丈夫でしょと思う方もいるかもしれませんが、夏は太陽が昇る時間が早く、午前中もすでに暑いです。自分が「涼しいな」と感じられないのであれば、散歩に出るべきではありません。人間が暑いと感じるよりも犬は暑い思いをしていることを今一度考えて見た方がいいでしょう。可能なら完全に日が落ちた夕方-夜間の散歩がよいと思います。どうしても明るい時間でないとという方は、夏場だけでも早朝の日が出て1時間くらいまでが、犬にとってよいでしょう。

また猫は散歩の必要がありませんが、通院などで止むを得ず外出せねばならないこともあると思います。この際もピークに暑い時間(11-15時くらいが目安)は避けましょう。ちょうどこの時間は休憩でやっていない動物病院も多いかと思います。

f:id:pancia:20180719201713j:plain

f:id:pancia:20180719201727j:plainf:id:pancia:20180719201744j:plain

涼しくて快適なお部屋でお昼寝したいにゃ...

 

<まとめ>猫や犬などペットの熱中症を防ぐために今すぐできること

 ・ペットがいる部屋にはエアコンをつける

・数カ所に「ひえひえマット」を敷いてみる

・飲み水を複数箇所におき、1日に数回水を入れ替える

・ご飯をあげる際はカリカリフードの上に、ウェットフードをトッピングしてみる

・暑い時間にペットを連れた外出をすることは控える(散歩、動物病院など)

 

酷暑を乗り切って、人もペットも元気に秋を迎えたいですね!! 

 

 

こちらの記事もおすすめです