ねこと、手をつなごう。

「ねこと人間のしあわせな共生」をさまざまな角度から考えて行くブログです。

【猫を飼うことの幸せ】我が家に子猫さんがやってきた!多頭飼いのしあわせ。

 

家でぬくぬくしているだけで幸せを感じられる季節の到来!

やっと寒くなってきたこの頃。寒くなって喜んでいるのは犬と私くらいでしょうか。ワンちゃんは走り回っているのでしょうが、私は仕事も家で、休みの日もほぼ家でという、超インドア派なので(笑)猫たちと家で丸くなっているだけですが...。

このくらいの時期から年末までの「忙しなく駆け足で去って行く、浮き足立っている感じ」がなぜか好きなのです。紅葉からイルミネーションへ、街を歩いていてもキラキラしていて素敵ですし(でかけないくせに)。

用がない限り外出しないので、外が寒くなった実感があまりなく...。たまに出ると「あれ?着るもの間違えた?」ということが結構あります。(着込みすぎて暑いか、薄着すぎて寒い・笑)たまにうまくいくと「今日は服装加減がちょうど良い!当たりDAYだな」とか思って喜んでいます。

もともと家が世界一大好きなので、ポカポカのお家でぬくぬくしながら、冷たいハーゲンダッツのアイスとか食べてるのが、私にとってはとても幸せな瞬間なのです。

そして寒くなると「猫好きにはたまらないシーン」が増えます。

例えば...

・猫は冬毛でもふもふ度がアップしてますます可愛くなる(ニャンモナイトがおまんじゅうのようにまんまる。顔を埋めたくなる)

・猫さんからくっついてくれる機会が増える(膝のり、お腹乗り)

・猫さんがお布団で一緒に寝てくれる(重いし寝返り打てないけど猫飼いの至福)

・憧れの猫団子!(うちではまだ見たことのない光景。でもきっと間もなく実現!?)

 

野良出身の子猫(9ヶ月)を迎え入れることにしました

そんな冬待ちの我が家にこの度、子猫さんが1匹家族として加わりました。初秋に母宅へ行った時、庭へ遊びに来てうろうろしていた子の1匹です。しばらく考えた末、受け入れることにしました。目やにがひどく、捕獲してしばらく母宅で病院通いしてもらい、療養していましたが、先週引き取ってきました。

 

f:id:pancia:20170930173942j:plain

これは外猫さんだったとき撮ったもの。きっと縁があったんだね。

f:id:pancia:20171123152856j:plain

キジ白ちゃん。名前は「チロル」です。おそらく2017年2月下旬ごろ生まれ、現在約9ヶ月の女の子。温和で人も猫も大好き。

 

これからワクチン、避妊手術の予定ですが、少しこの環境に慣れるまで様子見です。しばらくは猫も私も落ち着かないし、あまり眠れないかもしれないけど仕方ないな..と思っていたのですが...。先住のシアンやパンナの様子にも気を配りつつ、気長に仲良くなってくれたらいいなと思っていた人間の私...

 

しかしその期待は大きく裏切られました。とても良い方に!! 

f:id:pancia:20171123152450j:plain

人間の心配をよそに、なんと5日目にはもうこんな感じに。

f:id:pancia:20171123152513j:plain

おしりをくっつけあって眠っています。姉妹のよう。

f:id:pancia:20171123152539j:plain

新入りのチロルは物怖じせず、他の猫も人間も大好き。おてんばパンナがすっかりお姉さんの顔に。

 

f:id:pancia:20171123152625j:plain

パンナはチロルの毛づくろいまでしてあげているし、すっかりお姉さん気分。

f:id:pancia:20171123152700j:plain

チロルも安心してスヤスヤ。

 

猫って賢い。ちゃんと経験から学びます

昨年の2月にシアン一人っ子のところへパンナを迎えた時は、もう少しフーシャー言っていて、私も外へ仕事に出ていたので大変だった覚えがあるのですが、今回は人間が拍子抜けするほどすぐに打ち解けてくれました。

猫も相性があるのでしょうが...こればかりは引き合わせて見ないとなんとも言えないけれど、パンナもチロルももともとノラちゃん出身で、他の猫たちに囲まれて子猫時代を過ごしているので、育った環境が似ているから相性がよかったのかな。シアンは全く違う環境だけど、パンナの時でちょっと免疫がついて他の若い猫との接し方や距離感を学んだようです。猫って賢いなとあらためて思うのでした。

 

f:id:pancia:20171123152832j:plain

猫にねずみをのっけてみる。寝てる時だけは静か。

f:id:pancia:20171123152758j:plain

起きていたら転げ回って遊ぶところが、体は大きくなってきててもまだ子猫。

f:id:pancia:20171123152818j:plain

猫が安心してきって眠っている姿ほど、癒しをくれるものってないんじゃないかというほど。猫の癒し効果はすごい。

 

猫の性格も十猫十色でおもしろい!と気づけたのは、多頭飼いしたからこそ

長いことシアンは一人っ子だったので(12年ほど)、パンナが来て多頭飼いになってみて気づいたことはたくさんあります。

まず「多頭飼いは思ったほど大変じゃない!」ということ。「1匹いれば、2匹も3匹もそんなにお世話の手間は変わらないよ」という、多頭飼いされている猫飼いさんがみんな口を揃えたように言う話はホントだなぁと。(何十匹とかのシェルターレベルになればまた話は全然違うだろうけれど)

もちろん餌代や猫砂等はそのぶんかかるけど、ご飯をあげるのもトイレ掃除するのも、3匹になったからと言って、手間や負担が3倍に増えた感はありません。

実感としては同じなのは「猫」だということだけで、三匹三様で見ていて面白いな、癒されるなぁと、むしろ喜びは3倍以上だと感じます。

 

f:id:pancia:20171123155321j:plain

うちには今まで首輪を気にする猫がいませんでしたが、チロルは首輪を気にしてしまうタイプな猫さんだったので、首輪を改良。大きなリボンが付いていたのを外して、毛糸でできた花モチーフを。以前母が編んでそのまま袋にたくさん保管してあったものをもらって来たのでタダ。

f:id:pancia:20171123155335j:plain

色と大きさの違う2枚を重ね、真ん中に天然石ビーズを通して縫い付けて完成!(私の壊れたストラップに付いていたのを再利用。パワーストーンなので猫のお守りになりそう)

f:id:pancia:20171123155356j:plain

パンナはもともと首輪をしても服を着せても全く気にしない子なので、花が大きめでも大丈夫。

f:id:pancia:20171123155418j:plain

チロルには小さめの花を。それでもしばらく気になるようでしたが、今は慣れたようす。

f:id:pancia:20171123155431j:plain

シアンも首輪を気にしない猫。男の子なので茶×青の小さめモチーフで。 

 

万が一、脱走して迷子になってしまった際にも猫が帰ってこられるよう対策を

首輪はおしゃれのためにしているものではありません。もちろんおしゃれな首輪をしてもいいのですが、基本的には迷子防止です。どうしても嫌がってできない子は仕方ないけれど、飼い主としてはしていて欲しいのです。

これは、万が一逃げ出してしまった時の命綱としてとても大切なもの。言葉を話せない猫たちにとって、唯一手がかりとして命を救ってくれる可能性のあるものです。

マイクロチップも有効だと思いますが、今のところうちはしていません。理由は私が抵抗があるのと、保健所によって読み取り機材が新旧あって最悪バージョンが合わないと読み取れなかったりすると聞いたことがあるからです。両方しておくのが万全かもしれませんが、首輪がついていて迷子札有りなら、少なくとも「飼い猫」だとわかってもらえるからです。

保健所では飼い主不明の犬猫もほぼ1週間で殺処分になるところが多いとのこと。最悪の事態にならないよう、日頃から必ずなんらか対策を!

 

多頭飼いっていいですよ

f:id:pancia:20171123163615j:plain

いい感じの距離感を保つふたり。猫はちゃんと自分の居場所を家のどこかで上手に見つけるのですね。

f:id:pancia:20171123163722j:plain

f:id:pancia:20171123163741j:plain

f:id:pancia:20171123163758j:plain

f:id:pancia:20171123163816j:plain

すっかり前からいたような感じになっているチロルさん。まだうちへ来て1週間だけど。

 

もし多頭飼いに興味を持たれた方は、ネットで「多頭飼い、複数飼い」についていろいろ検索してみたり、できれば実際多頭飼いしている方にお話を聞くことができるといいと思います。相性が悪いと血みどろのケンカをするという話も聞いたことがありますが、今まで10匹以上の子を飼っていたことのある母宅でも、幸いにして、うちでは一度もありません。譲渡会では「トライアル期間」を設けていて先住猫がいる人にも配慮してくださるところが多いですし、兄弟猫を複数もらって育てる方もいます。

もちろん命ですので、安易に増やすことは進めませんが、お家の猫さんやご家族の性格も鑑みて、受け入れられるようならぜひ多頭飼いをオススメします。そうして行き場のない不幸な猫が減り、幸せな猫さんと飼い主さんがひとりでも多く増えるといいなと思います。

 

私の実感として、苦労よりだんぜん幸せが増しました!今日も三匹のもふもふの下敷きになって「重い...しあわせだ...」と思いながら寝ることにします(笑)