ねこと、手をつなごう。

「ねこと人間のしあわせな共生」をさまざまな角度から考えて行くブログです。

【ペットの熱中症対策】保冷剤ジェルに潜む犬や猫の中毒の危険性について

 

 

保冷剤のジェルには危険なものとそうでないものがある

暑さが続くと、心配なのはペットの熱中症です。人間も暑さに体が慣れるまでは時間がかかりますよね。ましてや皮膚に汗腺を持たない猫たちは、体温調節をすることがニガテです。特に長毛やダブルコートの子、仔猫やシニアの子などはより一層注意深く見てあげなければ心配です。暑さ対策としてペットに「保冷剤」を使用する方もいると思いますので、今日は「ジェルの保冷剤の危険性」についてお知らせしたいのです。以前とても怖い話を聞きました。どこの家庭にもよくある保冷剤(ケーキ屋さんとかでもらえるようなもの)を飼育動物が食べてしまい死んでしまったという話です。この手のジェルには主に2種類「吸水ポリマー」と「エチレングリコール」というものがあり、後者「エチレングリコール」には中毒の危険性があるとか。なんでも甘い味がするそうで、猫や犬が噛んで舐めてしまい死に至るという事故が後を絶たないそうです。
 f:id:pancia:20160611165110j:plain
「あたしは扇風機の足元が好きなの。ここ落ち着くのよね〜」…そこは風が当たらないのになーと人間は思うのですが、まぁ、使い方は自由ですから。
 

夏には必須!ランニングコストゼロのペット用クーラーとして活躍する保冷マット

保冷剤の他にペット用保冷マットとしては「アルミタイプ」と「ジェルタイプ」、「大理石等天然の石」などが市販されています。これなら一度購入してしまえばランニングコストはゼロですね!(もちろん補助的にな意味でしか使えませんので、暑い日にはクーラーも使用せなばなりません)我が家の猫パンナのようにジェルタイプだと噛んでしまう場合もあります。ただ猫にも好みがあって「これには乗るけどこれには乗らない」ということもあるので、一概にどちらが優れているとは言えません。
我が家の猫シアンはドギーマンクーラーボードというアルミの板を使っています。これは冷たさを2段階調整できる優れものです。普通に暑い日はそのまま、真夏のかなり暑い日はマットの裏に水分を蓄えておけるようになっていて、水を張って使うことで放射冷却で結構な冷たさになります。パンナにも同様のものを買おうと、今年ネットで探したのですが見つけられませんでした。シアンがまだ小さい頃に買ったのでもう10年も前の商品です。納得いくものが見つかるまでの応急処置的に値段の安いジェルマットを買ってみたのですが、案の定噛んでしまい中からジェルが出てしまうことに...
f:id:pancia:20160611155052j:plainf:id:pancia:20160611155105j:plain

よく見たら無数の穴が開いており、ジェルが漏れだしている箇所も…(涙)ひとまずセロテープで塞いでひと夏しのぎます。

 

我が家の暑さ対策は...

もちろん真夏の暑さを「保冷剤」や「保冷マット」だけで乗り切ることはペットにとっても過酷なので、エアコンを使用することを強くおすすめしたいです。我が家の場合は25度くらいまでは扇風機と窓を開けてしのぎます。(空き巣対策には防犯グッズで外からは一定以上窓が開かないようにして、猫の脱走対策はしっかりと網戸を突っ張り棒で外から固定。うちの猫たちはそこまでして出ようとしないのですが、網戸を破って脱出するツワモノの猫さんには対策グッズも売っているようです)だいたい27度以上の予報になると全ての窓を閉め、エアコンをかけっぱなしで出かけます。エアコンかけっぱなしは、だいたい真夏で午前8時ごろ〜午後11時くらい。(熱帯夜もよほどでない限りは、夜中はエアコンを切って扇風機をかけていることが多いです。) 

エアコン付けっ放しで電気代はどれくらいかかるのか?

そこでみなさん、気になるのは電気代がどれほど上がったのか?ではないでしょうか。結論から言えば、月平均の2500円程度から1500円ほど上がって4000円程度でした。半日つけっぱなしでひと月使ってその程度でしたのでホッとしました。(※ただしこのエアコン、2014年製ということでわりと新しいものです。古いものだともう少し電気代がかさんでしまうかもしれません…)
 

f:id:pancia:20160611154450j:plain

奥がアルミボード、手前が新しく買ったジェルマット。人間が触れてみてもどちらもひんやり涼しいのですが…ジェルだと噛んでしまう場合もありますので、ペットの好みや性格に合わせるのがいいですね。与えてみないとわからないこともありますが...

 飼い主さんとしては「暑そうだから保冷剤で冷やしてあげよう」と良かれと思ってしたことが、そんな悲しい結末になってしまうなんて思いもよらなかったことでしょう。現在主にペット用として販売されているジェルマットは吸水ポリマーが使用されているかと思いますが、購入前にきちんと内容物の記載を確認しましょう。動物達が安全で快適に過ごせるようにしてあげたいものです。

 

マルカン クールひんやりアルミボード S DP-802
 
ペティオ (Petio) クールアルミキャットボウル

ペティオ (Petio) クールアルミ キャットボウル

 
ペティオ (Petio) クールアルミジェルマット 2L

ペティオ (Petio) クールアルミジェルマット 2L