ねこと、手をつなごう。

「ねこと人間のしあわせな共生」をさまざまな角度から考えて行くブログです。

【100円均一&猫の手作りおもちゃ】100均と家にあるものを利用して猫のおもちゃを作ってみました<1>

 

猫のおもちゃは消耗品「コンセプトはお金をかけずに工夫して楽しく!」

今日は「猫のおもちゃを手作り」してみようと思い立ちました。猫ってすぐにおもちゃを壊してしまいますよね。

猫さんと一緒に開発して、今後ここで紹介していこうと思います。

とはいえ、そんな大作は作れないので、まずは壊れたおもちゃを直してみることから始めます。

「おもちゃを作れないか?」と思ったきっかけは、じゃじゃ馬猫娘のパンナさんが、買ってきたおもちゃを容赦なく1日で破壊してくれること。

f:id:pancia:20160504170217j:plain

あたし、なんでも壊しちゃうのにゃ。近づくとケガするわよ。

 

何をあげてもとっても食いつきがよく、楽しく遊んでくれるのは嬉しいのですが、本当に速攻壊してしまうので、すぐに新しいものが必要になってしまいます。

お金もかかるし、モッタイナイ精神もあり、どうしたものかと思っていたところ、

100均でいいものを発見! 

またまた100均ですが、これを見つけた瞬間「あ!トンボを生き返らそう!!」と、まるでドラクエでザオリクを覚えた時のように閃いたのでした。

 

100円均一を巡回しているとたまに「猫のおもちゃ」によいものが見つかる

これ↓「パーティ用に!」と書いてありますが、私はパリピではないので(どちらか言えばむしろウチ弁慶でザリガニ…)、本来の用途で使用する機会はなさそうだなと思いつつ購入。

100円均一はダイソーなどペット用おもちゃを開発して商品として出している会社もありますが、ペット用に開発された商品ではないものの中にも、たまに「これは猫用のおもちゃとして使える!」という商品があります。

そんな視点で100円ショップを眺めてみると結構面白いのでぜひ一度お試しください。

 

f:id:pancia:20160504170624j:plain

これ、他の人は何に使うのかな...猫のおもちゃに使おうと思って買う人もあまりいなそうではあるけど。

 

 今回直してみようと思ったおもちゃは、↓これ。

もともとは「遊びに夢虫!じゃれ猫ブンブン」という猫じゃらしです。羽の部分がホログラム(ビックリマンシールの偉い奴みたいなの)になっていて、動かすたびにキラキラ光ります。

猫はこの「キラキラ」と、動かすたびに「カシャカシャと鳴る素材感」がお気に入りのようで、確かに相当夢中になってくれてとてもいいおもちゃなのですが…。

あまりの興奮状態で激しく遊びすぎて、秒殺で退治されてしまい、トンボは無惨な姿に…

f:id:pancia:20160504165358j:plain

f:id:pancia:20160504164805j:plain

とても残念な感じに破壊されつくしたトンボの猫おもちゃ。当初の楽しげな面影はどこへやら…

 

そこで、先ほどの100均パリピシート(勝手に命名。裏はシール状になってます)を裏返し、アタリの線を描き適当に切って、貼り合わせると

f:id:pancia:20160504171418j:plainf:id:pancia:20160504171511j:plain

「何作ってんのかにゃ?また壊していいの?」と破壊女王が興味深々で見ています。

 

不器用さんでも簡単に猫おもちゃをリメイク

元のクオリティまではいきませんが、何となくそれらしいものはできました!猫飼いさんのお家には壊れたねこじゃらしの1つや2つあるかと思います。その棒をとっておくと役に立つころもありますよ。

割り箸などの硬い棒は猫の喉に突き刺さったりすると非常に危ないのでやめましょう。なにもない方はストローなどしなやかな素材のものであれば代用できます。ただし、手作りおもちゃで猫を遊ばせる際は、危険がないように、きちんと人間が見ていてあげてくださいね。

f:id:pancia:20160504171726j:plainf:id:pancia:20160504172038j:plain

トンボよ、よくぞ戻った。棒がすでにしなしなだけど。。。

 

 あとはまた楽しく遊ぶだけ!!

f:id:pancia:20160504173530j:plainf:id:pancia:20160504173548j:plain

「あ!獲物!」パンナに見つかったトンボさん。シャー!!!っと襲いかかりますの図…

それを背後でテンション低く見つめるシアンさんが

 

ボロボロになっても、パリピシートはまだ残っているので張り替えたらしばらくは使えそうです。

猫じゃらしの先だけなくなってしまったら、ぜひ作ってみてくださいね!

(棒がなかったら長いストローとかでも良いかもしれません)

 

作るの面倒だけど使ってみたい!って方はよろしければ市販品もあります。でもすぐ壊れてしまうので手作りもしくは補修しながら使うのがおすすめです!

また新しい手作りおもちゃを作ったらこちらで紹介しようと思います。 

 

ドギーマン じゃれ猫ブンブン トンボ

ドギーマン じゃれ猫ブンブン トンボ

 

 この記事を読んだ人へ「こちらもおすすめ」